« 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その5 | トップページ | 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その7 »

2016年10月 2日 (日)

未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その6

未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その6

未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その5のつづきです。

◇「死刑:Wikipedia

――死刑(しけい)は、対象者(死刑囚)を死亡させる刑罰である。抽象的な表現として「極刑(きょっけい)」あるいは「処刑(しょけい)」とも表現される。刑罰の分類上は生命刑に分類される。

◇「日本における死刑:Wikipedia

○殺害された被害者の数との関係

死刑もその他の刑罰と同様、罪刑法定主義に則った明快な基準の必要性が法曹界で議論されてきた。従来は、どの程度の罪状に対して死刑を適用するか、罪状による適用範囲の重複はあるが、最高裁はおおむね以下のような判例を示していた。
・3人以上殺害した場合は、死刑の可能性が高い。
・2人殺害した場合は総合的に判断し、死刑か無期刑か有期刑か量刑判断が決まる。
・1人殺害した場合は、無期刑や有期刑の可能性が高い。

◇「共犯:Wikipedia

――共犯(きょうはん)とは、正犯に対置される概念であり、複数人が同一の犯罪に関与する形態をいう。

○共犯の分類

共犯は必要的共犯と任意的共犯に分かれる。 後者には共同正犯、教唆犯、幇助犯の3つが属する(これらを総称して広義の共犯といい、特に教唆犯と幇助犯の2つのみを指して狭義の共犯という)。

--------------------------------------------------------------------------------

 7.)ここ最近の「ひめきりん」・「ベビールース」と「某」氏関連の出来事の時系列順まとめ

--------------------------------------------------------------------------------

私「ベビールース」の別名「ひめきりん」での「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」で特集しておりました{週刊声優批評 第25回 【××××】「カサンドラの宿痾」}の続きです。

週刊声優批評 第25回 【××××】「カサンドラの宿痾」その1

週刊声優批評 第25回 【××××】「カサンドラの宿痾」その2

週刊声優批評 第25回 【××××】「カサンドラの宿痾」その3

週刊声優批評 第25回 【××××】「カサンドラの宿痾」その4

--------------------------------------------------------------------------------
これまでのまとめとして、現在までのここ最近の経緯を時系列順に載せてみます。

--------------------------------------------------------------------------------

01.2010年03月13日(土)「ひめきりんのブログ」で「某」声優の記事を掲載

02.2012年01月04日(水)「Wikipedia」に「Mohan6」が「某」声優は「休業」と記述し、編集を開始する

03.2012年02月14日(火)「ひめきりんのブログ」に「某」声優が「脱原発世界会議」に意見を寄せたとのコメント

04.2012年02月18日(土)「ベビールースの部屋」投稿開始

05.2012年02月25日(土)「ひめきりんのブログ」からのリンクを設置

06.2012年03月07日(水)「ベビールースの部屋」に「近所」さんからコメント

07.2012年03月08日(木)「ベビールースの部屋」の投稿一旦終了

08.2012年03月20日(火)「某」氏が「世田谷一家殺害事件」についてツイッターで言及

09.2012年04月20日(金)「Mohan6」が「某」声優「Wikipedia」から「*要出典」のタグを削除

10.2012年12月30日(日)「某」氏が「世田谷一家殺害事件」についてツイッターで言及

11.2013年01月31日(土)「Mohan6」が「某」声優の「Wikipedia」の編集を再開

12.2013年06月23日(日)「Mohan6」が「某」声優の「休業」を変更

13.2013年07月13日(土)「Mohan6」が「某」声優の降板理由を全面削除

14.2013年07月14日(日)「Mohan6」が「Wikipedia」の他の編集者と方針で揉める

15.2013年12月25日(水)「某」声優・「某」事務所・事務所社長「某」氏の連名で「ひめきりん」宛に「刑事手続きを開始した」とのメールを頂く

16.2014年01月26日(日)事務所社長「某」氏の親戚の「Fiona Teriyaki」が「Wikipedia」の編集に加わる

17.2014年01月27日(月)「CaugDm」が「Mohan6」に変わって「某」声優の「Wikipedia」の編集を開始・英語版も編集

18.2014年02月17日(月)06:39「MOR HAMADA」が「Wikipedia」の編集を開始

19.2014年02月17日(月)14:08「ベビールース」の名で「警視庁成城警察署」に情報提供開始

20.2014年02月19日(水)13:56「MOR HAMADA」が「某」声優「某」氏の2000年12月31日のアリバイらしき記述

21.2014年03月03日(月)「ベビールース」が「@Babyruth_Detect」のツイッターを始める

22.2014年07月05日(土)「Mohan6」「CaugDm」「MOR HAMADA」に対してコメント依頼提出

23.2014年11月11日(火)08:23「@Babyruth_Detect」のツイッターで「伊豆の方角」とリツイート

24.2014年11月11日(火)12:35「某」氏のツイッターが「#法学クラスタ」「#方角クラスタ」「#邦楽クラスタ」とつぶやく

25.2014年11月18日(火)08:26「@Babyruth_Detect」のツイッターで「嫌なら見るな」とリツイート

26.2014年11月18日(火)09:25「某」氏はこれまでのツイートをアーカイブし見られないようにする

-------------------------------------------------------------------------------

※解説

01.2010年03月13日(土)「ひめきりんのブログ」で「某」声優の記事を掲載

 私としては、当時活躍されている声優さんに対して「某」声優さんと同じ轍を踏まないように……愚かな失敗を繰り返さぬように……。注意喚起するつもりで書いたのでした。
 それが、「某」声優の「某」事務所の社長である「某」氏は気にくわないのだろう――当初の私はそう思っていたのですが、それが違っていることに気が付いたのはかなり後になってからのことでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

02.2012年01月04日(水)「Wikipedia」に「Mohan6」が「某」声優は「休業」と記述し、編集を開始する

 私の別名「ひめきりん」で行っているブログ記事のことは、2年近く経っているのですから当然「某」氏は把握していたのでしょう。
 ですが、「某」事務所の関係者とされる「Mohan6」は、「某」声優の「Wikipedia」に関して「休業」・「契約書面の作成を拒まれて契約解除し降板」と記述していました。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

03.2012年02月14日(火)「ひめきりんのブログ」に「某」声優が「脱原発世界会議」に意見を寄せたとのコメント

 このコメントを頂くまでは、私としてはハッキリ言いまして「某」声優さんの動向については全く把握していませんでした。
 いいえ、全く興味が無かった――それが正直な気持ちなのでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

04.2012年02月18日(土)「ベビールースの部屋」投稿開始

 私としては、「ベビールース」と「ひめきりん」は全くの別人格としてそれぞれのブログを立ち上げたのです。
 「ベビールースの部屋」では、私の注目する未解決事件「世田谷一家殺害事件」を取り上げました。
 「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」では、私の好きな「アニメ」「声優」の話題を取り上げて好き勝手に批評しているだけなのです。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

05.2012年02月25日(土)「ひめきりんのブログ」からのリンクを設置

03_2

 開設当初「ベビールースの部屋」はホント、アクセス数が少なかったのです。
 ですから多少の知名度はあった「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」からのリンクをバナーにして設置しました。
 ですから、「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」→「ベビールースの部屋」にはリンクを辿って飛べるのですが、その逆のリンクは存在しません。
 あ、それはつい最近までのことです。「アニマルライフの行方を追え!」では「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」の特定の記事へのリンクを設置してます。
 つまりは、「ひめきりんのブログ・週刊声優批評」への関心が無いと「ベビールース」と「ひめきりん」が同一人物で有るとは分からないのです。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

06.2012年03月07日(水)「ベビールースの部屋」に「近所」さんからコメント

 そうしたリンクの効果のためか、「ベビールースの部屋」のアクセス数も徐々に増えてコメントも頂くようになりました。
 ちなみにですが、私自身が「2ちゃんねる」などの掲示板にリンクを貼ってアクセス数を稼ぐような行為は一切行っていません。

 他の方のブログに「ベビールース」としてコメントする場合にのみ「ベビールースの部屋」のアドレスを載せる程度です。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

07.2012年03月08日(木)「ベビールースの部屋」の投稿一旦終了

 「世田谷一家殺害事件」のために書き上げた記事は、この時点で終了でした。
 後になって、コメントへの返答や新たな事件の報道などに対して私の考えを述べるときだけ新たに更新をしています。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

08.2012年03月20日(火)「某」氏が「世田谷一家殺害事件」についてツイッターで言及

01

 これは「某」氏のツイッターを調べていて唐突すぎると思うのでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

09.2012年04月20日(金)「Mohan6」が「某」声優「Wikipedia」から「*要出典」のタグを削除

 この時期では、「某」事務所の「某」声優さんに対する編集方針は大きな違いは見られません。
 ただし、「某」事務所の意向なのか強引な編集手法には変わりはありません。
 ですが「休業」・「契約書面の作成を拒まれて契約解除し降板」の内容は保持されたままです。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

10.2012年12月30日(日)「某」氏が「世田谷一家殺害事件」についてツイッターで言及

02

 これは、事件から12年を迎えた報道を見てのツイートの様です。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

11.2013年01月31日(土)「Mohan6」が「某」声優の「Wikipedia」の編集を再開

 強引な編集手法を咎められた「Mohan6」は、一時期編集権を失っていたのですが、この頃より再び「某」声優の項目の編集を再開しました。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

12.2013年06月23日(日)「Mohan6」が「某」声優の「休業」を変更

 この頃から、「某」事務所の方針転換が行われたのか、「某」声優に関する記述を変えてきます。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

13.2013年07月13日(土)「Mohan6」が「某」声優の降板理由を全面削除

 「Mohan6」は他のWikipedia編集者と悶着を起こしながらも、「某」事務所の意向であるとして強引に「項番理由」を全て削除してしまいました。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

14.2013年07月14日(日)「Mohan6」が「Wikipedia」の他の編集者と方針で揉める

 ここでは「Mohan6」は、完全に孤立しています。「某」事務所の「某」社長も他者から集団で嫌がらせをされているとの認識になったようです。
 その場所のルールに従わないことを咎められているだけなのに、自分達を集団で攻撃している――そんな妄想に支配されて、攻撃を仕掛けている原因を探っているようでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

15.2013年12月25日(水)「某」声優・「某」事務所・事務所社長「某」氏の連名で「ひめきりん」宛に「刑事手続きを開始した」とのメールを頂く

 私にとっては、ここから全てが始まっているのです。
 ですが、「某」声優の「某」事務所の「某」社長である「某」氏にとっては、過去の因縁を含めて全てが連綿と続いていると感じているのですね。
 「某」氏にとっては、「2ちゃんねる」や「Wikipedia」その他の「まとめ」や「個人ブログ」が一斉に自分達を非難するのはおかしい――そんな妄執に囚われたのでしょうか?
 その妄執の果てに導き出した答えが「ひめきりん」黒幕説なのでしょう。

 更には、「某」氏が隠して隠しておきたい「世田谷一家殺害事件」についても言及を始めていますから、「某」氏の心は不安ではち切れんばかりだったのでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

16.2014年01月26日(日)事務所社長「某」氏の親戚の「Fiona Teriyaki」が「Wikipedia」の編集に加わる

 「Mohan6」は問題を起こしすぎたためにWikipediaの編集者の地位を剥奪されます。
途端に「某」氏の親戚筋を思わせるアカウントが「某」声優のWikipediaの編集を開始します。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

17.2014年01月27日(月)「CaugDm」が「Mohan6」に変わって「某」声優の「Wikipedia」の編集を開始・英語版も編集

 「某」声優の所属する事務所が編集に直接関与するのは不適切であると「Wikipedia」側から注意を受けても、関係者を名乗る者が次から次へと現れます。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

18.2014年02月17日(月)06:39「MOR HAMADA」が「Wikipedia」の編集を開始

 この頃は、アカウント名を次々と乗り替えて編集を行うことに「某」氏は何の罪悪感も感じてはいないようでした。
 他の人間も同じ事をしている。
 当時は、「Wikipedia」だけでなく「ツイッター」や他の掲示板などでも「某」氏は問題を起こしていますが、それでも自分達を攻撃している黒幕が存在し、そうした黒幕が様々な人間を雇って自分達と敵対している――そう思い込んでいようなフシがあります。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

19.2014年02月17日(月)14:08「ベビールース」の名で「警視庁成城警察署」に情報提供開始

 私も、「某」声優の「某」事務所社長である「某」氏が様々な場所で暴れている原因を探っていて、「某」氏は実は「世田谷一家殺害事件」と関係があるのでは無いか――そのような結論を出して「警視庁成城警察署」に情報提供のメールを送ったのでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

20.2014年02月19日(水)13:56「MOR HAMADA」が「某」声優「某」氏の2000年12月31日のアリバイらしき記述

 そのメールの2日後にこのような記述が付け加えられました。私は、この記述を目にして更に疑惑を強めることになったのでした。

 そうして、このタイミングを考えます。

 「某」氏に対するリーク源があるのではないか――新たな疑問が生じたのでした。

 その後は、「警視庁成城警察署」だけでなく何カ所かの「マスコミ」や「個人」に同様の内容の情報提供をしています。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

21.2014年03月03日(月)「ベビールース」が「@Babyruth_Detect」のツイッターを始める

 ある種、「ベビールース」として腹を括り、新たな情報発信を開始しました。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

22.2014年07月05日(土)「Mohan6」「CaugDm」「MOR HAMADA」に対してコメント依頼提出

 遂には、「某」事務所のあまりにもの尊大な態度に「Wikipedia」側が業を煮やして、コメント依頼の提出を迫りましたが、事務所は無視を続けています。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

23.2014年11月11日(火)08:23「@Babyruth_Detect」のツイッターで「伊豆の方角」とリツイート

1111

 これは説明が必要ですね。

 11月11日の未明に「某」氏のツイッターで「伊豆」に住んでいる「法学クラスター」から、「某」氏の主宰する団体に対して「寄付」を行いたいとの申し出あった――とのツイートがありました。

 それに対する返答として「某」氏はツイッターに「伊豆の方角クラスター」と「誤字」を載せていたのを私が目撃し、11日の朝に「伊豆の方角」と「ボソッ」とリツイートをしたのですが、それが「某」氏に思わぬ反応をもたらしてしまうのでした。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

24.2014年11月11日(火)12:35「某」氏のツイッターが「#法学クラスタ」「#方角クラスタ」「#邦楽クラスタ」とつぶやく

1111_2

 明らかに私のリツイートを見て動揺したのか、おかしな内容のつぶやきをする「某」氏です。
 彼の周辺からは別に間違いを揶揄するツイートなどは無かったはずですが、何故か言い訳に終始します。

 これにて「某」氏が、私のツイッターを監視しているとの確証が持て、その日以降私のツイート数は劇的に増えるのです。

 それはツイログにて確認して下さい。

 http://twilog.org/Babyruth_Detect/date-141111

 今になって振り返ると色々と面白いです。ツイートが「非公開」になっているのは、後になってアカウントを凍結された人のツイートをリツイートしていたからです。

 http://twilog.org/Babyruth_Detect/month-1403

 そういえば、「たまとわ」リツイートしてたんだなオイラ。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

25.2014年11月18日(火)08:26「 @Babyruth_Detect 」のツイッターで「嫌なら見るな」とリツイート

1118

 「某」氏が「 @Babyruth_Detect 」のツイッターアカウントを監視していると確信した私は、「嫌なら見るな」との文言をリツイートします。

--------------------------------------------------------------------------------
※解説

26.2014年11月18日(火)09:25「某」氏はこれまでのツイートをアーカイブし見られないようにする

111801

111802

 「嫌なら見るな」とのリツイートした途端に、「某」氏は自身のアカウントのツイートをアーカイブして周囲からは見られないようにしました。

--------------------------------------------------------------------------------
――と、今回は短いですがここまで……。

次回は10月9日21時の更新を予定しています。

ベビールース

http://amzn.to/2dJjfNL

« 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その5 | トップページ | 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その7 »

世田谷一家殺害事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その6:

« 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その5 | トップページ | 未解決事件「アニマルライフの行方」を追え! その7 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ