« 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 2,事件の概要と情報の精査 | トップページ | 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 4,陰謀論の否定 »

2012年2月25日 (土)

未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 3,何故犯人は捕まらないのか

3,何故犯人は捕まらないのか

 

 

 

a)警察の失態!?

 

 

 

この事件の話題が上っているインターネットでの書き込みを見ますと、「犯人が捕まらないのは警察が無能だからだ」との発言を多く見かけます。確かに事件の初動時に警察の油断ともとれる行動が明らかになってきています。しかし理由はそれだけなのでしょうか?

 

犯人が警察に捕まらない理由は大きく二つに分けることが出来ます。よくある比喩ですが警察を漁師、犯人を魚に例えます。投げる網は捜査の網となり、漁を行ったが目指す魚が捕まらない。その原因としては

 

 

 

 1)網を投げる範囲・タイミングを逃し魚を捕らえられない。

 

 

 

捜査の初期に犯人の潜伏する場所や逃走する経路を予測するが、その当てが外れみすみす逃げられてしまう。そして犯人に時間的猶予を与え証拠隠滅や更なる逃走の機会を与えてしまう。

 

 

 

 2)網の中に魚を捕らえたが、網の目の隙間から逃げられてしまう。

 

 

 

犯人は一旦捜査の網の中に掛かります。しかし、アリバイが有り、動機や証拠が不十分で捜査対象からは外れてしまう。一度外れると、再度取り調べ事情を聞くのは困難になります。

 

 

 

以上の二つが考えられます。これを今回の事件に当て嵌めると

 

 

 

 1)網を投げる範囲・タイミングを逃し魚を捕らえられない。

 

 

 

 2)網の中に魚を捕らえたが、網の目の隙間から逃げられる。

 

 

 

私はこの二つ共が、この事件に該当して犯人が捕まらないと考えたのです。

 

 

 

 

 

b)警察の油断

 

 

 

犯行の動機からも、金銭目的か怨恨目的の二つの方面から追っていけば必ず犯人に行き当たると警察は考えていました。

 

更に捜査が進むにつれて、犯人が残した証拠・遺留品が数多くあることが判明し、特に指紋・DNA情報などは警察の切り札になる筈でした。

 

動機面から進めて行き、少しでも怪しい人間が居たら直ぐにでも照合を行えば、直ぐに犯人を捕まえられる。油断しても仕方は無いですね。

 

 

 

しかし時間だけが経過していき、一向に犯人を追及できないのです。警察は焦ったと思いますよ。また、動機のある人間の家族や親しい人間にも捜査範囲を拡げてもそれは同じでした。

 

 

 

これは、前述の

 

 

 

 1)網を投げる範囲・タイミングを逃し魚を捕らえられない。

 

 

 

に該当します。警察の失態といえます。また、時期も悪かった……。年末年始ということで大量に人々が移動します。また、捜査陣も手薄になっていたのだとも思います。

 

しかも、動機の面からも捜査の二正面作戦を余儀なくされて、更にボリュームは薄くなる。ここで直接的に犯人に繋がる道が絶たれたのだと思います。

 

 

 

しかし、時間を掛けてコツコツと捜査に当たれば犯人を突き止められる筈でした。必ず犯人はヘマをして白日の下に晒されるのだと。

 

 

 

ここで、私がこの推理の参考にもさせて頂いたサイトを紹介します。

 

 

 

 ASKAの事件簿 http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/

 

 

 

ここの「世田谷一家殺害事件」の項目で、早くから述べられていたのが犯人の複数犯説です。確かに金銭目的なのか怨恨目的なのか目的が徹底していないのです。

 

そこでASKAさんは、複数の目的を持つ複数の人間の犯行であると推理なされたのですが、捜査が進むにつれて単独の犯行であるのが明らかになりました。犯人のDNA情報などと事件現場から発見されたDNA情報は一人分しか合致しないのです。

 

 

 

しかし、これが私の推理の参考になりました。明らかに二つの目的が同時進行で行われていたのです。これでは犯人は分裂症の持ち主の人間です。

 

ここで私の推理の‘胆’を持ち出します。

 

前述の推理の原則としての

 

 

 

 1)奇跡的な確率で起こる出来事は、一つの事件では何度も起こらない。

 

 

 

これが一度だけ起こったのです。金銭目的と怨恨目的の二人の人物が奇跡的に出会い、犯行が行われた。

 

私は、この事件の犯人は実行犯と、黒幕である主犯格の二人に別れると思っているのです。

 

 

 

主犯格は怨恨目的であり金銭目的の人間をスカウトし実行させる。主犯格は怨恨の線で捜査線上に上がったが、指紋の違いやアリバイ等で容疑者から外される……。ただ単純な事件では無いことは後ほど述べます。

 

 

 

これは

 

 

 

  2)網の中に魚を捕らえたが、網の目の隙間から逃げられてしまう。

 

 

 

ですね。だから重要な容疑者は捜査の早い段階で外されてしまった。だから犯人は捕まらないのです。

 

 

 

主犯格の怨恨の理由は何でしょうか? これは次回に詳しく述べますが、まずは推理を阻む一つの原因「陰謀論」の排除をしたいと思います。

 

« 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 2,事件の概要と情報の精査 | トップページ | 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 4,陰謀論の否定 »

世田谷一家殺害事件」カテゴリの記事

コメント

じゃあ、反対に聞くけど、殺された方の職業はなんですか?マスメディアは誰も答えようとしない。実際には統〇狂〇に近いような事をしていた。犯人は日本人ではないのである。詳しい事はネットを調べるか。コンビニ本でも読みましょう。

>どうせ消されるけど
それこそネットde真実の陰謀論じゃないですかー

捕まらない理由は、
血紋を信じて捜査しているから。
DNAでないと特定できないよ。
いっそFBIに依頼したら、半年以内に特定できるよ。まだ、犯人近くにいるから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 2,事件の概要と情報の精査 | トップページ | 未解決事件「世田谷一家四人殺害事件」の推理 4,陰謀論の否定 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ